«

»

ペンタックスの話4 『現像ソフト2』

前回のつづき。自社で現像ソフトを作っていないからなのか、カメラの機能が現像ソフトに実装されていないものが多い。

 [現像ソフトに実装されていない機能]
 ① カスタムイメージのシャープネスの詳細設定が行えない
 ② 多様なクロスプロセスやデジタルフィルターが使用できない
 ③ ホワイトバランスのCTE(Color Temperature Enhancement)が無い

他にもあるが特に①と②が辛い。

①はせっかくのファインシャープネスとエクストラシャープネスが有効にならない。K-5で3種類あるシャープネスを使い分けていたとしても、PDCU4(PENTAX Digital Camera Utility 4)で現像すると全てPDCU4のシャープネス+4になってしまう。これは悲しい。

(ちなみにPDCU4はカメラ側のシャープネス等の設定を引き継ぐが、他の現像ソフトには引き継がれない)

②も撮影した画像に後からクロスプロセスを適用できないため、クロスプロセスを使用したい場合は、カメラ側でRAW画像で記録せずに、JPEG記録のみにしてクロスプロセスで撮影する必要がある。

結果、私はPDCU4を極力使わないと割り切ってしまった。RAW+JPEGで撮影しているが、基本はカメラ内現像のJPEGをそのまま使い、白飛び黒飛びなどはRAWを市販ソフトで現像している。カメラ内現像の色とシャープネスが良いだけに、使い勝手のすこぶる悪いPDCU4を通して似て非なるJPEGにする意味がないと思うからだ。

カスタムイメージの違い
カメラ内現像のカスタムイメージと、それに似せたPDCU4のソフト現像のカスタムイメージが、どのように違うのかサンプル写真を掲載する。(左がカメラ内現像、右がPDCU4現像)

リバーサルフィルム
 

銀残し
 

クロスプロセス(参考)


ここに掲載してるのは特に顕著に差が出てる例だけど、リバーサルフィルムは色が飛んでしまい、銀残しは色が暗すぎる。どちらもカメラ内現像の絵の方が好みだ。

大差ない写真の方もあるのだが、被写体や環境によって大きく差が出てしまうのは、カメラの作り込みに比べてソフトの作り込みが甘いからではないだろうか。

ちなみにこの二つのモードは、リバーサルフィルで有名な2つのフィルムを再現したモードだと言われている。リバーサルフィルムは富士フィルムの旧ベルビア、銀残しはコダックのコダクローム。どちらもフィルム自体が生産中止となっており、デジタルでこの色合いを楽しめるのは素晴らしい。

ペンタックスリコーとしては「人気フィルムの色合いを忠実に再現した」とは言わないだろうが、ユーザーは再現したことを疑わない。そして再現性が高いのもPDCU4よりカメラ内現像の方だ。

こうなるとますますカメラ内現像のJPEGをそのまま使いたくなる。(本当はまともな現像ソフトを添付してほしい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*