«

»

兼松(株)【8020】出す出す詐欺

長く持ってしまったので、最も企業分析してるのが兼松。それが仇となってガンホーに乗り遅れて1億円取り損ねるという経済的には人生最大の失敗を犯すことになったのだが、それは次の機会に。

兼松は1999年に経営破綻により上場廃止の危機にあったが、メーンバンクの東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)の手厚い建て直し努力により、上位三行が1500億円の債務放棄をするなどして危機を逃れた。東京三菱から派遣された倉地前々社長により経営は立て直されたが、2000年3月期以来13年間も無配を続けている。

2007年4月に目標に「可及的早期の復配」を謳った中期経営計画「teamKG120」が始まったが、世界金融危機の最中、株価が50円台のボロ株になりながら、利益が計画の1/3という酷すぎる実績で失敗。2010年4月に再度「可及的早期の復配」を掲げた新中期経営計画「S-Project」が始まった。

「経営の最重要課題は復配」と銘打ち、その後の報告書等で「予定通り!」「順調!」と株主にメッセージを伝え、3年後の2013年3月、ようやく計画通りの業績を達成した。復配の基準となると言っていた単体の利益余剰金も53億円の余剰と、復配の原資としては十分な額を確保した。

新中期経営計画「S-Project」実績(百万円,単体)
2011年3月期2012年3月期2013年3月期
売上高438,975464,921444,992
売上総利益18,68919,70515,816
営業利益5,3087,3913,500
経常利益5,2188,3386,830
当期純利益7,4465,4245,292
利益余剰金-5,392315,323

3円配当でも12億、1円配当なら僅か4億で済む。四季報も3~5円の復配を予測。決算での発表は見送られ、気を持たせた2013年3月8日、まさかの無配を発表。この日は株主が兼松の下嶋社長ら現経営陣に心底失望した日になった。無配の理由は「お金はあるけど定期的に出すにはまだ心配だから」。

言葉を失った。13年も無配を続け、株価は下落の一途。株主に損失しか与えていない企業が「定期的に」なんて言葉を…。まず出せる時に出して株主還元するのが当然の責務だろう。

当然株価は急落し、4億円をケチって、株価を120億円分急落させる企業、それが兼松。株主から「出す出す詐欺」「嘘松、詐欺松」「上場企業で最も株主軽視の企業」と呼ばれ、改めて怒りを買った企業となった。

兼松の月足10年チャート


配当を目指すと言って、配当が出せるようになっても、まさか貯め込むとは思わなかった。出す気がないならばなぜ復配のことばかり言い続けてきたのか。コンプライアンスギリギリのレベルで、巨額損失を隠していた1999年に通じるものを感じた。

私も当然復配だと思っていたので、買い増ししてまで全力で決算を迎え、失望売りにより損害を被った。ガンホーの巨額な機会損失付きで。

さて、ではいつ復配するのか。財務的にはいつでも出せる状態で、まともな経営陣ならば第1四半期末の決算(2013年08月02日)に第1四半期末の復配を発表するが、兼松の経営陣はまともでないのでそこは再び無配でスルーし、第3四半期末の決算(2014年02月05日)に、期末の復配を発表すると見ている。

追記
2013/9/11、兼松は2014年3月期の年間配当を3円とすると発表した。1999年3月期以来15期ぶりの復配。第1四半期末の決算から2ヶ月弱で状況が激変した訳でもないのに、なぜこんな時期にと理解に苦しむ。これで兼松を買うことは二度となくなり、悪夢のような銘柄として記憶するのみとなった。

2 pings

  1. 灰色の海を越えて - FUMIR BLOG

    […] 株取引を始めたのは2000年11月。初めて買った株は新潟鉄工。ここから株式市場の海に船出した。 ■2000年~2003年 黎明期 売買数も金額も少ないものの、トータルではプラスの航海。 ■2004年 暗転 本格的に売買を始める。利益が一気に4倍。しかし情報源に使ってた有料メルマガを過信してしまい、日本郵船の空売り推奨でボックス相場の上で信用全力で空売りしたらハイブレイクされて大損。 初の追証発生。自動精算にはならなかったものの、それまでの勝ちを全て飛ばして一気にマイナスの海へ。 ■2005年、2006年 下降 低迷。勝ち負けあるものの、負けの方が多く損失が拡大。 ■2007年 明暗 投資スタイルを変え、上昇トレンドの中で安値で拾って高値で売るを繰り返して前半は全勝。確信的な急騰を待っていた時に、短期のつもりだったこの取り引きで明暗が分かれ、一気にビーチに出れたところが、更にマイナスの海に。 Yahoo!掲示板の「上がる」という落書きに釣られて、経済的には人生最大の失敗となる兼松を買ってしまったのもこの年。 ■2008年、2009年 灰色の海 サブプライムローン問題、リーマンショック、世界金融危機と、世界の株式市場は完全にイってしまった。宮古島でサトウキビ畑の中を車で走りながら、陰鬱な気持ちで歴史的な株価の暴落のニュースをラジオで聞いていたのを思い出す。 兼松の含み損も膨らみ、通算トータルで850万の損失。お金持ちではない一介のサラリーマンにとっては大きい金額。満員電車に揺られながら日々稼いだお金を失ってしまい、感情が消失する灰色の海。この2年間は、底値で兼松のナンピンだけ行い、それ以降は株取引を休止した。 ■2012年 再開 資金が出来たので株取引を再開。まともにやるのは5年ぶり。ディー・エヌ・エーの上昇を掴んだのを皮切りに、2007年に仕込んで高値になった株を精算し、単年で久々の黒字。 しかし途中で試した投資顧問は失敗。Yahoo!ファイナンスに出ていた黒岩アセットマネジメントを利用したが、勝率僅か20%。ひどい。そしてこれは「よくある事」らしい。下がると言っていた日経はその後爆騰。調べてみると”逆指南”として有名だった。完全に調査不足。投資顧問の比較はこちら。 ■2013年前半 兆し アベノミクスのビッグウェーブで急騰した兼松を利確。ようやく大口の資金が戻ってきた。しかし復配発表があるだろうと兼松(詳細はこちら)を再度拾ってしまい、復配後に界王拳でガンホーを買う予定だったが、兼松がまさかの無配で売り抜けず、ガンホーも買えず。 ガンホーはその後5倍以上に爆騰し、1億円以上の機会損失。市場には波に乗ったガンホー長者が溢れていた。ショック。こんなに簡単に億り人(おくりびと)になれるのねって思ったけど、今は稼ぎ時なので、悔やむ間もなく地道にトレードを継続。 ■2013年後半 太陽の下 経済が活況になる時にまず騰がるのは「不動産」と「金融」。関連銘柄を売買しつつ、5月の急騰から急降下しきった不動産ファンドのケネディクスといちごグループホールディングスに目を付ける。 内容的にはいちごが良かったが、出来高が少なすぎて、売り抜けないリスクがあるので、大型株のケネディクスに参戦。結果を見れば両銘柄共に大当たり。 スイングトレードを繰り返して全勝。利益1,000万超、ついに通年トータルでもプラ転。灰色の海の中から、ようやく太陽の下に出れた。耐えて、耐えて、いま10年ぶりに陽の光を浴びてる。 その後、参院選後のトレンド転換に対処できず、毎日100万円ずつ削られていく日々に株の恐ろしさを改めて実感。失敗からなるべく多くを学び、新たな糧として頑張るしかない。学習と経験こそが力。 全く同じ月に株投資を始めた同じ年のBNF氏は推定資産400億円以上。すごいね。隔絶たる差。 アベノミクスは庶民に実感がないと言うけど、何もせず待っているだけでお金が貰える訳がない。アベノミクスによってもたらされた株高と円安を利用して大勢の人が資産を作ったのも事実。 規模で言えば新たに数千人が億トレーダーになった。20代の若者や主婦など様々。1日で何千万と稼ぐ人達をたくさん見てる。上を見たら切りが無いけど、目標は億トレーダー。そしたらサラリーマンを辞めて時間が作れる。ツイート(function() { var po = document.createElement('script'); po.type = 'text/javascript'; po.async = true; po.src = 'https://apis.google.com/js/plusone.js'; var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(po, s); })(); […]

  2. 2013年株式投資 いちごミルクにされる » FUMIR.NET BLOG

    […] 7月初め、アベノミクス第二波に乗り、庶民的バブルの到来。リーマンショックの負の遺産を一掃できたこともあり、お祝いをかねて身近な人に富の分配。 ■鰻3匹 まずは親友らに鰻を振る舞う。有名店でもなかなかやってない直前裂きの特上鰻を、白焼きと、特注のうな重二段重で一人につき三匹。「かんぱーい」身がほっくほくで超柔らかい。口でとける。つまみも豪勢にタラバガニ。体がポカポカしてくる。 「エネルギーを感じる」、「鰻が体の中を泳いでる」、「ビチビチビチw」、「タレで味をごまかしてるのとは雲泥の差」、「オウ( ゚∀゚)旨いYO!!」、喜んでもらえた。 ■お寿司、焼肉、フォアグラ etc. 「いいからいいから^^」。ことあるごとにご馳走しまくる。 ■ノートパソコン お世話になった人にはきっちり恩返し。 「MacBook Airほしいって言ってたよね。注文しといた」 「えっ( ̄□ ̄;)!!」 お金があるって素晴らしい。周りを笑顔に出来る。その後バブルはお盆に頂点を迎え利益が1,400万に。それが、、、、、 2013年 株式投資 損益チャート FXしてる友達に『損益チャート書いてみ』と言われて見せたら『面白いからアップw』 金額が生々しいから迷った オチはいらなかったんだけど、結果は-50万。一番悲惨だったのは、年末のいちごミルクで証券会社から「不足金あるから明日の15時までに230万円振り込めや!ゴラァ貧乏人が!」と怖いメールが来て、現物株処分したくなかったんで、出たばっかりのボーナス全額没収はもちろん、貯金じゃ足りなくて借金までしてしまった。 お金がないって悲しいね。 朝から夜までは会社員、夜中は個人投資家と、寝る間も惜しんでダブルワークで働いてたけど、結果は惨敗。全て自業自得。失敗を分析して、未来に生かそう。 今年一番のこれでガンホー買えなかったこと。1億円は大きい。一番の成功、ではなく神の奇跡はウェルネット。飛行機乗る間際で超急いでて誤発注して到着してから死ぬかと思った。 仕事中は株は出来ないので、予測が重要。それでも打ち合わせの帰りに株価見たら急落して-200万とかザラにある。日中張り付きで見れたら5分足DCで逃げれたのばかりで、少なくても年収分の損失は防げた。会社辞めた方が良いんじゃないかと思いつつ、こんな下手クソが会社辞めるなんて無理。 心機一転、来年頑張ろう!ツイート(function() { var po = document.createElement('script'); po.type = 'text/javascript'; po.async = true; po.src = 'https://apis.google.com/js/plusone.js'; var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(po, s); })(); […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*