«

»

電動ガンのリポバッテリーと充電器2

リポ充電器
バッテリー純正のET1 LIPO 1EGは保管モード(ストレージ/ストアー)がない。満充電のまま放置すると気温の上昇と共に電圧も上がってしまうこともあるので、保管モードは必須。また細かい電流設定も出来ないので、コスパに優れるHiTECのX1 AC PLUSにした。しかしマニュアルはとても分かりにくい(最新版PDF)。海外製かなと調べたら韓国製だった。


HiTEC multi charger X1 AC PLUS 44165


充電ケーブルは、ミニコネクタが付属しないので、別途イーグル 5055 変換コネクターが必要。

LiPo 2Sを充電した場合
バランス充電 電圧は8.4Vまで上がる。満充電の8.4Vまで電圧が上がったら定電圧充電に切り替わり、容量一杯まで充電を続ける。
ストレージ充電 電圧を7.6Vにする。7.6Vを超えている場合は7.6Vまで放電してくれる
ファスト充電 電圧が8.4Vに達したらすぐ終了するため、容量が少なくなる。
放電 自動停止が6Vとなっているので放置は危険。満充電から約90分で7.4Vになるのでそこで止める。

この充電器は自動停止(カットオフ)の電圧を変えられないが、細かい電圧設定も可能な上位機種としてはHiTEC multi charger X4 AC plusや、国産のFUTABA CDR-6000Lがある。

変換コネクター
SOPMOD用のコネクタにリフェを取り付けるための変換コネクターは、トリガートークの変換コネクター。これもHK416Dに無加工で付く。注意点は+コード(赤色コード)を上に取り付けること。販売店曰くリフェバッテリーにも使える。


トリガートーク製次世代電動ガン外部バッテリー変換コネクター


セーフティーバッグ
リポバッテリーは過放電するとバッテリー機能を失い、過充電すると本体が膨らみ、最終的に発火し爆発する。このため充電中や保管する際は、セーフティーバッグに入れた方が良い。密閉できる金属の入れ物などは、内圧が高くなって爆発力が増すことがあるので避けた方が良い。このような土鍋が理想的とも言われるが、私が買ったのはLRPの耐火バッグ


LRP LR65846 リポセーフティバッグ 18×22 (耐火性リポ充電バッグ)


リポバッテリーが発火、爆発する動画はこちら。また強い衝撃でも爆発する。リポは安全に運用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*