Category Archive: レビュー

電動ガンのリポバッテリーと充電器2

リポ充電器
バッテリー純正のET1 LIPO 1EGは保管モード(ストレージ/ストアー)がない。満充電のまま放置すると気温の上昇と共に電圧も上がってしまうこともあるので、保管モードは必須。また細かい電流設定も出来ないので、コスパに優れるHiTECのX1 AC PLUSにした。しかしマニュアルはとても分かりにくい(最新版PDF)。海外製かなと調べたら韓国製だった。


HiTEC multi charger X1 AC PLUS 44165


充電ケーブルは、ミニコネクタが付属しないので、別途イーグル 5055 変換コネクターが必要。

LiPo 2Sを充電した場合
バランス充電 電圧は8.4Vまで上がる。満充電の8.4Vまで電圧が上がったら定電圧充電に切り替わり、容量一杯まで充電を続ける。
ストレージ充電 電圧を7.6Vにする。7.6Vを超えている場合は7.6Vまで放電してくれる
ファスト充電 電圧が8.4Vに達したらすぐ終了するため、容量が少なくなる。
放電 自動停止が6Vとなっているので放置は危険。満充電から約90分で7.4Vになるのでそこで止める。

この充電器は自動停止(カットオフ)の電圧を変えられないが、細かい電圧設定も可能な上位機種としてはHiTEC multi charger X4 AC plusや、国産のFUTABA CDR-6000Lがある。

変換コネクター
SOPMOD用のコネクタにリフェを取り付けるための変換コネクターは、トリガートークの変換コネクター。これもHK416Dに無加工で付く。注意点は+コード(赤色コード)を上に取り付けること。販売店曰くリフェバッテリーにも使える。


トリガートーク製次世代電動ガン外部バッテリー変換コネクター


セーフティーバッグ
リポバッテリーは過放電するとバッテリー機能を失い、過充電すると本体が膨らみ、最終的に発火し爆発する。このため充電中や保管する際は、セーフティーバッグに入れた方が良い。密閉できる金属の入れ物などは、内圧が高くなって爆発力が増すことがあるので避けた方が良い。このような土鍋が理想的とも言われるが、私が買ったのはLRPの耐火バッグ


LRP LR65846 リポセーフティバッグ 18×22 (耐火性リポ充電バッグ)


リポバッテリーが発火、爆発する動画はこちら。また強い衝撃でも爆発する。リポは安全に運用しましょう。

電動ガンのリポバッテリーと充電器1

当初は扱いが楽な東京マルイ純正のSOPMOD用ニッケル水素8.4Vバッテリー(Ni-MH)を使っていたけど、冬場は短時間しか使えないことと、セミのキレが悪すぎるため、マルイ純正はダメだとリポ化(LiPo)かリフェ化(LiFe)を検討。

当初はリポより安全性が高いリフェにしようとしたが、電圧が9.9Vと高く、ギアが削れるなど銃が壊れやすくなるので王道のリポ7.4Vにした。

リポはニッケル水素に比べて電圧は低いが、放電性能が高いため、レスポンスが良く、ハイサイクルの電動ガンでは発射サイクルも向上する。リフェと比べても、電圧降下が少なくて、安定してパワーを出せるので、電動ガンに最適のバッテリーとなっている。ただし扱いを誤ると発火爆発するリスクもある。

リポバッテリー
電動ガン用のバッテリーでは最も人気があるET1 7.4v 1400mAh(レッドライン)にした。サイズは124.5mm×20.3mm×11.6mm。HK416Dのストック内に無加工で入る。


Li-Poバッテリー [レッドライン ETR214] 7.4V 1400mAh(30C+) /スリム/ミニコネクター仕様


ET1は放電能力が違うレッドラインとイエローラインの2種類があり、レッドラインは30C、イエローラインは25Cとなる。このC(キャパシティ)というのはバッテリー容量(mAh)に対する比率を表すもので、1400mAhの場合、1400mAh×30C=42AがMAXの放電能力となる。

この単位は充電する際にも使われ、1C充電とは「バッテリー容量と同じ電流で1時間かけて充電すること」を意味し、1400mAhのバッテリーであれば、1Cは1.4A、2Cは2.8A、0.5Cは0.7Aとなる。

また、バッテリーはセルと呼ばれる電池が直列で繋がっている構造になっており、セルを略してSと表記する。ET1 7.4v 1400mAhは電池が二つなので2Sとなる。リポは1セルが3.7Vなので、2セルだと7.4V、3セルだと11.1Vとなる。

ET1 7.4v 1400mAh(2S)の詳細情報
推奨電圧 7.4V~8.3Vでの運用がメーカー推奨
推奨充電時電流 0.5~0.7A。一般的には1C充電が標準。このバッテリーだと1.4A
初回の慣らし 0.5Aで7.4V~8.3Vを3回繰り返す。慣らしは満遍なく化学反応させるために必要
自然放電 ほぼしないが6V以下になると自己放電する可能性がある
長期保管 7.4V。月1回チェックと言われているが、LiPoは電圧減らないので年1回でもいいと思われる
過放電/過充電 6Vを下回るとバッテリー機能が消滅し、8.4以上は過充電となる
寿命 電流設定で多少変わる程度。過放電や過充電をすると一気に損傷する

ガチで比較したレンタルサーバーの表示速度@WordPress

レンタルサーバー(ホスティングサーバー)のWebページ表示速度については、わずかに口コミがあるものの、「速い」「遅い」の定性的な情報しかなく、定量的に比較してあるページがなかったので、同一環境でテストした比較表が作った。Web制作者必見!SEO対策、アフィリエイト、ユーザ利便性向上に大活躍!w

表示速度比較表
サービス名 プラン名 速度1 速度2 FTP
速度
コン
パネ
MySQL
DB数
月額 総合
評価
ミニム(minim) ミニマム ×1.58秒 ×0.531秒 3GB 6個 120~250円 ×
さくらインターネット スタンダード ○1.04秒 ○0.481秒 エラー 100GB 20個 500円
ロリポップ(lolipop!) ロリポ ×1.80秒 ×0.616秒 50GB 1個 263~315円 ×
クイッカ(Quicca) ライト ○1.12秒 ○0.435秒 × × 5GB 1個 250~350円 ×
ミニバード(minibird) プラン名なし ○0.93秒 ◎0.292秒 50GB 5個 263~315円

新規にインストールしたWordPressに記事763個をインポートし、画像102枚(166MB)をFTPでアップして、TOPに9MBの画像を貼った。この状態で、表示速度の計測が出来るWebWaitサイト表示スピード測定 | サーバレスポンス時間測定で計測。ちなみにどこがボトルネックになのか調べるのはGtmetrixが便利。


by WebWait

所感
ミニム 現在使用中。体感通りBlogの表示が遅い。
さくら
インターネット
老舗で大手。以前使ってた。FTPはアップ中にエラー(やり直すと問題なく完了)が出たり、急にフォルダ遷移が遅くなったりと調子が悪い。
ロリポップ こちらも大手。以前使ってた。ここが一番遅かったのは意外。ちなみにロリポップのサーバーは、さくらインターネットが提供してたと記憶にあるけど、ソース不明。
クイッカ コンパネがパッケージのままで一昔前の印象を受ける。FTPが激遅。常用不可。ファイルマネージャーを使う必要がある。
ミニバード 速度、FTP、コンパネ、申し分ない。
VALUE-SERVER 以前、同社のXREA+で散々な目に遭ってるので比較には入れていないが、名前だけ紹介しとく。もう一つ似たようなサービスのCORESERVER.JP(コアサーバー)もありサービスが重複してる。

ということで、2013年11月現在でガチで比較した結果、ミニバードが最高↓。ミニバードと契約することにする。月額98円と激安のクイッカのエントリープランを使う知り合いもいるけど、金額的にはちょっと差なのでミニバードをおすすめ。


SQLite
MySQLが使える最低プランで比較したけど、WordPressを使うにあたって実はMySQLは必須ではない。共用MySQLが遅いケースだったり、安価なMySQL無しプランを使いたかったりする場合は、MySQLの代わりにSQLiteを使う方法がある。しかし、各種プラグインはMySQLを前提に作られており、トラブルに見舞われるケースが多い。

入れたい方はここが分かりやすい。デメリットはこちらに書かれている。私もSQLiteでトラブったことがある。

余談の昔話
日本でインターネットが始まった頃はCMSなんてものは当然なくて、無料のレンタルサーバーにホームページを作っていたけど、日本のサービスもないから、米国のレンタルサーバーを使っていた。欧州のサービスもあったけれど、当時は日本と欧州の回線は細く、使い物にならなかった。

サービス品質もバラバラで、中には個人が自宅に構築したサーバーなんかもあって、重いところが多かった。速度については作らないと分からないから、色んなとこでホームページを作ったなーと今回作業してて思ったのと、当時に比べればどこも超快適という^^ (ただしクイッカのFTPは除く)

電動ライフルの集弾性の比較

Arms MAGAZINE (アームズマガジン) 2013年06月号の特別付録にエアガンベストセレクション2013という主要な電動ガンの比較ページがあった。電動ライフルは90挺載ってて、そこに集弾性が書かれていて驚いた。

電動ライフルの集弾性比較
順位 メーカー 名称 初速 集弾性
1位 東京マルイ レシーライフル 91.7m/s 50mm(20m)
2位 MAGPUL PTS MASADA ACR 83.7m/s 64mm(20m)
3位 東京マルイ 次世代M4A1カービン 89.8m/s 68mm(20m)
4位 東京マルイ M4 CRW 82.1m/s 70mm(20m)
5位 G&G ARMAMENT TR16 CARBINE 84.6m/s 74mm(20m)
6位 UMAREX H&K UMP Competition サイレンサーセット
(リンク先はサイレンサーセットではない)
90.5m/s 79mm(20m)
・・・ 東京マルイ HK416D 91.8m/s 95mm(20m)
※初速:無風屋内で東京マルイ0.2g弾を10発撃った平均値
※集弾性:ターゲットに10発撃ち込んだ際の最も離れた2発の間を計測
※世界一厳しい日本の弾速規制(6mmBB弾):0.2g 98m/s以下、0.25g 88m/s以下

UMPの圧倒的なコストパフォーマンス! バッテリー等を含めると、東京マルイの次世代電動ガンの1/3の価格でこの集弾性。HK 416Dは「レシーライフルに匹敵する集弾性」とか「圧倒的な命中精度」とか抽象的な表現にすっかり騙されてしまったけど、同じ土俵に並べてみれば、良くも悪くもない普通の集弾性だった。本当に残念だ。

レシーライフルは評判通りさすが。ちなみにエアコッキングのライフルを含めてもレシーライフルが1位。エアコキの狙撃銃は集弾性が良いと聞いていたけど、必ずしもそうではなかった。連射できることを考えればレシーが強い。数字による比較は抽象的な表現より説得力がある。


東京マルイ レシーライフル(再販。恐らくここが最安値)


ただ、多くの電動ガンが20m先では10cm前後もバラつくというのは、素人目からすると機械の精度としては低い気がする。弾速を上げれば集弾性も上がるけど、法規制がある以上、メーカーは別の手段で集弾性を向上できないか、しのぎを削ってほしいと思う。

ちなみに電動ガンのカスタムショップに確認したところ、バレルをチェンジして内部パーツを大幅に変えて調整しても、出来の良い物で、20mの集弾性が50~60mm程度とのことで、箱出しで50mmのレシーライフルの勝利だね。

もし購入前にこの雑誌を見ていたら、レシーかUMPを買っていた。もちろん外観や剛性、壊れにくさなど、総合的には東京マルイの電動ガンの方が上なのは分かるけれど、ここまで価格差があるとUMPのコスパは高い。このモデルは雑誌ライターの評価も高いようで、調整代入れても安物買いの銭失いにはならなそう。スプリングの交換が容易で、初速UPも簡単とのこと。

UMAREX(ウマレックス)
ググったところ、ドイツの商社でH&K社の銃の外観を再現したトイガンを販売する権利を有している会社だった。製造は香港や台湾などのメーカーが行っているため中華電動ガン(台湾、中国が製造している電動ガン)となる。

中華電動ガンは当たり外れが大きいとか、調整なしだと使えないとか、グリスがヤバイと言われていて、UMAREXで言えば弾倉の弾詰まりがたまにあるという話しがいくつかあった。

しかし、中華電動ガンというだけで「カスタムしても東京マルイの箱出しに追いつけない」というはどうかと思う。集弾性に限っていえば、箱出しの時点でほとんどのモデルがUMPに負けてる。散々よくないと書かれていて、私も買わなかったけれど、認識を改めた。むしろ、高額な東京マルイの最新モデルをカスタムしても、出来の良い中華電動ガンに追いつけないことだってある訳だ。

ガチサバゲ

2週連続でサバイバルゲーム。場所は同じく千葉の戦(いくさ)。今回は日曜の借切に参加。

 
「バキャバキャバキャバキャ!バキャッ!バキャッ!」 「バスッ!バスッ!」

色々と装備を拡充してガチになってきた。目が本気。KILLする目。ポジションはアタッカー、ミドル、ディフェンス、全部やってみたけど、成績が良いのはディフェンス。でもアタッカーを好む。

東京マルイ 次世代電動ガン HK416D
自衛隊迷彩服に合わせ、89式小銃をカスタムしようかと思ったけど、売ってなかったので非公式ながら陸上自衛隊で使われているH&K HK416の電動ガンHK416Dにした。

レンタルのM4に比べれば全体的な安定度は格段に高いのだが、リコイルショック(銃を撃った反動)があるせいでしっかり構えないと弾がバラける。反動があるのでただの電動ガンに比べて撃ってる楽しさはあるのだけど。

弾道を見る限り、精度に関して世界最高と言われる東京マルイの最新モデルであってもこの程度なのかと感動はしなかった。自衛隊迷彩と合わないが最高精度の呼び声が高いレシーライフルか、再販予定の89式の方が良かったかも知れない。バレルは切り替え可能で、ショートバレルにした。ちなみにアルミ製で重さは3.5kg、実銃と変わらず重い。


東京マルイ HK416D   東京マルイ H&K USP(18才用/ハイグレード/ホップアップ)

–多弾マガジン–
標準のマガジンには82発しか装填できないので、HK416D用520連マガジンを2個購入。2個あればまず使い切らない。弾がかなり入るので、他の多弾マガジンより若干長い。

–バーチカルフォアグリップ–
リコイルショックのある次世代電動ガンでは必須と思われるグリップ。ガッチリ持てる。幅20mmのレイルに対応した東京マルイ純正のバーティカルフォアグリップを購入。

–バッテリー–
東京マルイ純正の電動ガン用8.4Vニッケル水素バッテリー用充電器と、SOPMOD用ニッケル水素バッテリーを2個買った。ET1リポバッテリーも入れられるが、これを見る限り差がなく、取り扱いの面倒なリポバッテリーは止めて純正のニッケル水素にした。

東京マルイ エアーハンドガン H&K USP(18才用/ハイグレード/ホップアップ)
エアコキ戦(スライドを手動で引くエアーコッキングのガンのみの対戦)をするというので、ハンドガンも購入。ほんとは9mm拳銃が欲しかったが売ってなく、P08もないので自衛隊の特殊作戦群が使っていると言われるH&K USPにした。この銃はすごい。本当に綺麗にまっすぐな弾道。いまのエアコキってこんなに性能良いのね。撃ってて気持ちが良い。10才用モデルやホップアップ無しがあるので注意。


試射中。30m先の15cmの的に一発で当たる。

この銃を使ってエアコキ戦で初の1ゲーム3KILLを達成。狙いをしっかり定めれば頭や体にパスっと当たる。これで連射が出来れば普通のゲームでも多用したいが、エアコキは辛い。手動なので当然だけど、環境負荷の高い代替フロン(HFC134a等)を使ってないのも良い。弾数は25発。この性能で2,000円と超安価。お買い得。
1 / 1312345...10...最後 »