Category Archive: スノーボード

スノーボード休止

スノーボードの素晴らしい記憶。

■空を飛ぶ
寒くもない青空の日、勇気凜々でスピード乗せて初めてビッグキッカーを飛んだ時、空を飛んで、風の音がして、遠くまで見渡せて、剥き出しの感覚はバイクに似てて、本当に気持ち良かった。



■クリーム
標高が高い山で、新雪がどっさり降った朝一、雪がクリームみたいで、その上を高速でザーッってカービングしながら滑ってて、ああ、なんて感触なんだろうって。

■レース
人のいない、広めの、斜度がある長いコースでレースした。足の下がヌルヌル動くことから「ヌルヌル走法」と言われていた滑り方で、超高速で滑ってて、後続はコーナーで曲がりきれず次々コースアウトする中、最後はがっつりエッジ立てて一位完走。楽しかった。

■広いコース
北海道はでかかった。ヒラフの広大さに、圧雪されたコースの幅の広さに感動してしまった。

■山頂
ヒラフの山頂。一番上のリフトから徒歩で30分登ると山頂に着く。細い道で、連れのボードも持ってたから風を受けまくりで慎重に登った。山頂は360度パノラマ。そこから一気に降りるんだけど、最高だったね。(写真拡大すると笑ってるし)



■夜の幻想
これもヒラフ。ナイターのコース外に行ってしまった時、ほぼ水平のコースを強風に押されるままサーっと進んでて、満天の星空で、雪がキラキラ舞ってて、このまま違う世界に行ってしまうんじゃないだろうかって幻想的な空間だった。

■仲間
みんなで飛んだり跳ねたり、まったりしたり、めちゃ楽しかった。




元々スキーはやってたけど、ボードを初めてやったのは確か18。狭山スキー場だった。それから何年かブランクがあって、2003年ぐらいから毎年行くようになった。毎週雪山に行ってた時期もあったし、40になっても50になってもやってるなーと思うぐらい大好きだった。雪は空気が澄んでて、瞑想した時とかに見える光の粒が自然に見えるのも好きだった。そして地元メンバーが全員引退し、一緒にボードできる連れもいなくなったけど、雪山には毎年行ってた。

だったんだけど…

だんたん4時とか5時に起きて、少しでも帰りが遅れると渋滞にやられるのが辛くなってきて、決定的だったのがこれ。板とバインをグラトリ専用に変えたら、スノーボードがつまらなくてつまらなくて。ちょっとスピード出したらばたつくし、エッジは踏ん張り効かないし、新雪も喰えないし。方向性が違うから当たり前なんだけど、スタイルが違った。

それで板もバインも売り払ってしまった。当面休止。こうして書いてみるとヒラフに良い記憶が集中してて、ヒラフにはまたいつか行ってみたいな。

理想的なクロワッサン

毎日時間がぬぁいので久々のアップだけど今年の滑り納め。『料理が美味しい』&『雪見露天風呂』でピックアップした水上の温泉宿、からの雪山。

天神平スキー場
 
登山家の縦隊はどこに向かっているのだろう。パウダーたくさん喰えた。



 

山に覆い被さるような雲。一番素晴らしかったのはリフト乗ってる時に雪が舞ってて峰の向こうに太陽があって、雲に光が反射して青く見える幻想的なシーンが見れたこと。

クロワッサン
おいしいステーキを食べた後に持参のシャンパン飲んで雪見露天風呂。言うことないね。月も星も見えた。

翌朝の朝食、パンはクロワッサン。何気なく食べたそのクロワッサンは、表面が薄くカリっと焼けてて、中はしっとりなんだけど、層と層がちゃんと分かれてる正に理想的なクロワッサン。美味い!長年探していたクロワッサンにこんなところで出会うとか! むかしパン屋でバイトしてた時に生地とバターを何層にも織り込んで行く工程が面白くて好きになったんだけど、こんな秀逸はクロワッサンには滅多にお目にかかれない。


そっこーで食べてしまい写真もないのでみかちゃんに絵を描いてもらった

感動してしまったので、宿の方に聞いたところ、生地は買ってて宿で焼き上げてるとのこと。これだけ食べに水上来てもいい。

宝台樹スキー場


最近では珍しいくらい混んでた。都内から近くてロングコースで人気なんだろうね。麓の雪はやわめ。ゲレンデで「フミー」と呼ばれて見たらスズさんがいた。おおー、すごい偶然。また来年も行きませう。

吹雪のかぐら

かぐら、-10℃。横殴りの吹雪。積雪3.5m。停電でかぐらエリアは運休。みつまたエリアのみ。神立に移動案も出たけど知り合いが来てるので決行。視界がとても悪かった。

しかし、やっぱり板の方向性を間違えてる気がするな。今日楽しくてアハハって笑ったのは降りたてのパウダーを綺麗に切り取った時。楽しいと思うのは滑走。

スノーボード初めてからずっとフリーライドで、スノーボードクロスのプロに結構速いと言われるぐらいになったけど、去年グラトリ用の板に替えた途端に3段ぐらい下手になった感が拭えない。もちろんグラトリはしやすくなったけど、普通の滑走が、、。

7年前の滑走シーン。この板もやわかったけど、今の板じゃこの速度でも滑れない。


アルペン? アルペンにするべき?

しかし手が寒かった。ジンジンした。流行りのピタっとした薄手のおしゃれなグローブなんか論外で、もう見た目はどうでもいいから、ドラえもんの手みたいな温かさだけを追求したグローブがほしい。そして帰りはぼちぼち流れていたとはいえ渋滞50km超。飲まないコーヒーを飲んでMADを聴いて目を覚ました。日曜は混むね。

神立高原スキー場

『神立高原スキー場』→『パインリッジリゾーツ神立』→『神立高原スキー場』といつの間にか昔の名称に戻ってた神立。スズさんら5人と泊まりで行ってきた。ハルくん可愛すぎ。今季初。

  

朝、車内で朝食。肉団子とかポテトサラダとか美味しい食材が次々出てきてなんて贅沢なボードだ。雪は水分なくてサラサラの粉雪。新雪はやばい。今の板は柔らかいくせに新雪が得意ではない。胸まで埋まった。

モーグルエリアで雪で突っ込んでしまった時に、おばあちゃんの手編みの帽子がなくなってしまった。この帽子はバーバーパパの絵本に登場するロングシャッポを元にデザインして依頼した特注品。非常に残念だ。仕方がないので新しいのを買った↓

  

4年ぶりのシオンはもう高校生。おれより上手くなってたので、グラトリ教えてもらった。ボードは一昨年まで毎週行く勢いだったけど去年から激減ね。

無風川場

晴れ、無風、川場!

  

行き、渋滞に巻き込まれてボブ・マーリーに助けてもらう。

この板、短い割に飛ばしても結構いける、深雪の林も小回り利いて結構いける、で、調子に乗ってスキー用のモーグル行ったらそれは無理。あんな高低差のあるターンを連続してできない。

今回も同僚とニアミス。今回は置いてある板だけ発見。