旅行記 観光




都市:札幌市、小樽市
国名:日本
時期:2007年3月
目的:誕生日プレゼント


カナダでスノボも考えたんだけど、手軽さで札幌に決定。ホワイトデー&あかりの誕生日祝いとして、「札幌でスノボしまくって、小樽で客室露天風呂だツアー」をプレゼント。


初日

昼頃ついて、駅ビル内の「ポムの樹」でオムライス。うまい。北海道の雑誌を色々見てたのにあかりはなんとノープラン。ありえね。

【時計台】
まず時計台。「時計台の前にあるパスタ屋の店員がかわいい」と現地会社のマネージャーと外から見た以来。中を見るのは初めて。2Fに同型機の時計が展示されて興味深かった。

【札幌マイセン美術館】
携帯で面白そうなとこ探して、マイセン美術館に行く事にする。バス停探すのがすげー大変でキレ気味。結局バスはJR札幌駅バスターミナルの3番から乗車が正解。マイセンっつーからどんだけ素敵な食器があんのかと思ったら、美術品が主で期待外れ。

それでも「果実と鳥の巣の静物画」は素晴らしかった。陶画って色塗りした時の色と、焼きあがった時の色違うんでしょ。焼き上がりの色を予想して描いてんだと思うんだけど、よくこんな色彩豊かな作品を描けるなぁと関心。あとは「花模様」って鏡枠はよかった。

瓶は「草原の風景」も良かったけど、「宇宙の構造」が秀逸。瓶口からエネルギーを吸い込んでるみたいで、目みたいな模様にも力を感じて、自宅にほしい。販売所にあったそれはそれは素晴らしい陶器のシャンデリア。細かな花もそれぞれ違ってて、人形の顔もいい。値段聞いたら2,300万円。ほほう、安い家が買えるな。

引用:札幌マイセン美術館HP   サッポロファクトリー


【ひどい夜】
後輩のヤーマダを呼び出しうまいとこに連れてけと言う。数人の脳内エンジンで検索不可との事で、googleエンジンで調べて海鮮居酒屋。ヤーマダ、つっち、番長、トゥーカッター、しげき、カンパーイ☆

刺身が船で出てきた、カシスもある、パクパク。いい調子で酔っ払ってたら、番長がいつの間にか食材に隠されたわさびを喰ってる。ぶっw 「ほっけの肉だよー」とわさびの塊出したら喰う!みんな爆笑。サディストつっちが作成した『わさび+一味』がHITしたらしく「わさびはいいけど、一味はダメ」と名言を残す。


似合うなー
わさび刺身&一味ツマを食す番長のステキ動画。超ウケる

その後は、チョッパーしたり、一味が振りかけられたツマを握って番長が喰ってたり、一味が大量に入ったビールが出回ったり、散々飲んで騒いで外へ。

ペタペタペタと高速でトゥーカッターが走りまわって、マックで女の子に話しかけてその彼氏と喧嘩になる。まぁまぁと言ってたら、居ない隙に土下座のキーワードが出たらしく、トゥーカッターがキレた。

「土下座しろだと!!なんだとコラァァ!!」とガンガンのにらみ合いで一発触発。シゲキが羽交い絞め。早々に退散するヤンチーに「おめぇ逃げるのはえーなー、なんだそりゃー!!!」と追い討ち。番長もキレて看板を殴る。ひどい、なんて血気盛んな若者達なんだ、ウケる。

ビカビカビカっとサイレンを回しながら縦横無尽に札幌の街を走り回って、道路で身内同士の土下座合戦になり、シャチホコの物マネをしてた気もする。番長はでんぐり返ししてた。ひどい、ひどすぎる、なんて楽しい夜だ。


2日目

【札幌国際】
札幌近郊のスキー場って事で、ササさん推薦の札幌国際スキー場。曇り。雪サラサラ。スケールとコースはニセコだけど、雪質は負けてないなぁ。2,000mのゴンドラで一気に頂上へ。パウダースノー食いまくり。斜度30度、風圧で板が煽られるぐらいスピード出る。おもっきり筋肉使うから、いきなり筋肉痛の予感。



昨日飲んでたシゲキ&シゲキ彼女と合流。今年始めた割には、二人とも滑れる。オレは疲れてる。バテバテだ。ジャンプも惰性で飛んでるだけ。昨日やんちゃしすぎて疲れてる。。 休憩挟みつつなんとかラストまで滑った。

 

晩飯はデパ地下。カシス瓶も入手。浴槽の底で頭がオカシクなる。寝たの5時。最悪。


3日目

【今日も札幌国際】
あかりちゃんは前日帰りにゴーグル無くした。暖かい人たちのおかげで本日ニューゴーグル。しかし益々ガチャピンに見える。


ウイリーしながら林からビカビカっと出てくる図

今日はツリーランばっかやってた。ずっと雪降ってるからふかふかの深雪。手付かずんとこでサーーっとて木々の間を滑走。気持ちいい。ちょっと早めに上がって今夜の飲みに備える。


【12人】
都内の同僚のセブンさん、ヨコと合流。札幌の同僚達が大勢合流。やヴぁい。セブンさんホテル名と部屋名(601っつってて、ヨコに609って訂正されるとシックスナインを連呼)を何度も語りかけてサブリミナル効果を狙ってた。だめだ、酔ってるw

なんと異動になったマネージャーのピコさん来た。今の部署はおばちゃんばっからしく「今日呼んでないんだけど」「ほんとは寂しいんでしょ」と突っ込み。

昔はドッカンドッカン言わせてたのに、ドン引きのネタばかりの低空飛行ぶりに部下からも「勘弁してくださいよピコさん」。「そんなピコさん見たくなかった」w

「ウィ!?ウィー!!」とみんなで散々飲ませていつものようにピコさん撃沈。セブンさんもいびきかいて寝始める。

トゥーカッターが今夜も暴れ始める。ピコさんの携帯を奪取して、中身を覗き見。奥さんにピコと呼ばれてる事が発覚!携帯を口に入れたり、「電波わりーなー」と携帯を酒にジャボジャボ入れて電波の入り具合確かめてるww

挙句にその携帯から、ピコ父には「息子は泥酔してます。XXX」とか、奥さんにはあかりの薄着の写メを送ったりとやりたい放題。帰る時にピコさんが鼻血出してて、その犯人も実はトゥーカッターと言われてる。

トゥーハッカーがさらに暴れてて、配達の人の荷物を勝手に運んだり、エレベーターに挟まったりしてる内にピコさん行方不明。セブンさん乗車拒否されつつ解散。

楽しかったー。


4日目

【またまた札幌国際】
みんなの関心ごとはセブンさんは来るのかの一点。ヨコ曰く電話に「ああぁ!」と不機嫌に出たようだけど、無事ササさんの車で5人で札幌国際。ササさんはスキーヤーなんだけど、うめーは。パウダーでスピード負けしそうだった。林間ガンガン行って、キッカー行ってた。

 サービスショット

あかりも初キッカー。セブンさんはなんだかんだで3回しかリフト乗ってねぇ。来年雪山に拉致りまくるしかない。ササさんがビックキッカーで足の筋肉を痛めたのもあって、早めにあがり。

ちなみに食堂でアルミを使って調理してるか聞いたところ、焼おにぎりだけ大丈夫だった。仕方なく羊肉まん喰ってた。ちなみに札幌国際へのアクセスは札幌市内からバスが出てる。往復バス代と1日券込みで4,600円とリーズナブル。バス会社によって止まる停留所が違うことと、行きと帰りで同じ名前の停留所でも場所が多少違うので注意。

【ジンギスカン】
温泉か夕食かでジンギスカンに決定。ササさんおすすめの店。でもほんとはジンギスカンは自宅で食べるものらしい。昔ピコ邸で食べたジンギスカンうまかったなぁ。羊はうまかったけど、ホルモンは噛み切れなくて失敗。(しかもホルモンが歯の奥にがっちり挟まってたらしく、気付かず翌日から炎症)


5日目

【最後まで札幌国際】
スノボ最終日。あかり初林間。がんばってついてきてた。雪質は初日が最高で、暖かかったから段々悪い。キッカーで飛んだら空を見るんだという基本を最後に思い出してやっとまともなアイキャンフライ。

  

 魔法「もっと好きになれ」

晴れてる時に海が見えた。ゲレンデから海ってすげーな。あれ小樽じゃねーの。来年また北海道来よう!


【絶品ピッツァ】
夕食は兼ねてから狙ってたイタリア料理店のORIZZONTE。クリスピー(薄焼き生地。本場イタリアでは全て薄焼き)が口の中で解ける。今まで食べたピッツァの中で一番うまい!二人でピザとパスタ頼んだんだけど、追加でまたピッツァ頼んでしまった。いくらでも食べれる感じ。うまーい。ここおすすめ!

 


6日目

札幌を離れ小樽へ。途中車窓から海を見てた。旅行来てんだね。

【寿司】
寿司屋に向かう。前日小樽出身のバス乗務員さんに教えてもらったところ。地元によりひいきの店があるとの事だけど、寿司屋通りで食べるより絶対おすすめとの事。小樽駅でてまっすぐ行って、左手のグリーンプラザからバス乗って手宮へ。停留所降りたら、バスの進行方向に進んでコンビニを左、花屋を左で千成寿司に到着。



ネタの上にご飯粒が載ってたり、握り方が雑だったり、若干仕事がぬるいが、ネタはどれもうまかった。あわびコリコリしてんし、トロは溶けるし、シャコうにいくらと旨し。これで3,150円は安いだろ。追加で2品と茶碗蒸しも頼んだ。

【小樽観光】
小樽駅戻ってとりあえず運河に行ってみる。うーん、こんなもんか。中国人の観光客が多い。何が人気なのだろう。

メインストリートを歩く。ガラス細工とオルゴール見つつ、ルタオ ル ショコラのシャンパン入りチョコがうまーで買った。六花亭で60円でお茶する。ホテルで酔っ払う用のワイン「おたる 特選ナイヤガラ2006」がデザートワインみたいで旨い。チョコと合わせて飲もう。

【客室露天風呂】
断崖の上、海が見える。

 
始めは、温泉で出来れば客室露天風呂って言われて探したら、どこもアホみたいに高くて、温泉をあまり楽しめないオレとしては、微妙だったんだけど、ここはきれいそうで、料理を最上級にしても安かった。後日予約してから「温泉」ってどこに書いてない事に気付く。お湯だ!!あかりに確認したところ、部屋が良さそうだからここでいいと決まったホテル。

とりあえずワイン飲む。旨い。チョコ食べる。ロイズのより全然旨い。オレの目を盗んで買われたハッピーターンもかなり旨い。酔って食事。フレンチフルコース。ホタテのポワレが秀逸。うまーい。メインディッシュの横に添えられてた聞かない名前の野菜もいける。満足。

  

客室露天風呂も楽しんで、寝る時に激しい胃痛に襲われる。10年ぶりな急性胃炎っぽい。理由に考えられるのは二つ。

@へそ掃除された。
Aあかりのストレス

と、どちらもあかりが原因だと笑ってられないぐらいに悪化したけど、手が暖かくてなんとか寝れた。


7日目

翌朝ほぼ回復。見晴らしが良いは。空に鷲が飛んでた。珍しく朝食食べてチェックアウト。改めて小樽のメインストリートをゆっくり歩く。買い物して、昼に定食屋で海鮮丼食べたけど失敗。回転寿司にしとくんだった。

昨日目星を付けておいた枯れない花束。
あと天使のベルをあげた
後日あげた本物の花束。店員さんは優しい彼氏だと絶賛。あかり幸せ満点

スノボして、おいしいもの食べて、あかりご満悦で、すげ楽しかった。ステキ旅行。

この旅行記へのコメントはこちら
07/04/09 UP


トラベル トップへ
bn.jpg
トップページへ